シルバーウィーク!

本日もラブホテル バリタイ福生店のHPにご来訪、誠にありがとうございます。担当のスタッフA.Iです。

(バリタイ福生店のアメブロ)

シルバーウィークですね。
皆様のご予定は?
という質問は現在のご時世では愚問というものでしょうか?

初夏のゴールデンウィークに対してシルバーウィークと言うらしいです。
ウィキペディアにシルバーウィークが成立する条件が記載されていますが
私には難し過ぎて理解出来ません(笑)。

ゴールドが太陽、シルバーが月
というイメージを抱いてしまいます。


ルパン三世のカリオストロの城でも
カリオストロ伯爵が持っていた指環がゴールドで
クラリスが持っていた指環がシルバーでしたね?

ゴールドとシルバー
光と陰
陽と陰

対立するモノが一つになる時に何かが起こるのでした。

カリオストロ伯爵はクラリスと結婚して大公となり
カリオストロ公国の独裁的な支配を狙っていたのでしょうか?
いやいや、クラリスが好きだったのでしょうね。

カリオストロ公国の裏の仕事は贋金造りでした。

「本物以上と言われたゴート札」とルパン三世に言わしめる設定でした。
カリオストロ伯爵は錬金術師として有名(?)ですね。
稀代の女たらしであるカサノバのカサノバ回想録の中で
カサノバとたしかヴェニス(?)辺りで邂逅しています。

カリオストロ公国の贋金造りは管理通貨制に対する皮肉ですね。

カリオストロという名称はルブランの怪盗ルパンのシリーズの中にも
カリオストロ伯爵夫人として登場します。
(そして、アルセーヌ・ルパンが愛した女性クラリスも)

ルパン三世のカリオストロの城は
ルブランへのオマージュであり
対立するものを統合するというのが錬金術のテーマであるのなら
カリオストロ伯爵を巡る錬金術がテーマであるのかもしれませんね。

ルパン三世のカリオストロの城の劇中のカリオストロ家に代々伝えられていた二つの指環。
交わることのなかった二つのカリオストロ家が一つになる時
つまり、二つの指環が揃った時に財宝が手に入るのでした。
この発想が錬金術的ですよね。
偽札造りを請け負う一族が
ゴールド(=太陽)の指環とシルバー(=月)の指環が重なる時に真の財宝が姿を現す
という錬金術的な伝説を伝えてきたのです。

ルパン三世のカリオストロの城の劇中では
人工的に造られた湖の底に古代ローマ帝国の街が隠されていました。
時計台が壊れて湖の水が流れて街並みが姿を現しました。

カリオストロ公国の財宝は水によって隠されていたのでした。

イタリアの都市部を掘れば埋まっていた地下都市が出てきそうですよね。
ローマ市は地下があるそうですが。

有名なポンペイはデスビオス火山の火山灰が古代ローマ帝国の街を埋め尽くしていました。


カリオストロ公国はヨーロッパのどの辺りにある設定なんでしょうね?



ルパン三世のカリオストロの城は
ルブランへのオマージュなのかもしれませんが
「ローマの休日」へのオマージュだと言っている人がいた記憶があります。
クラリス≒オードリー・ヘップバーン
ルパン三世≒グレゴリー・ペック



日本のカレンダー上で
ゴールデンウィークとシルバーウィークを重ねると
何が生まれるでしょうか?



バリタイ福生店はシルバーウィーク中は
19日~21日が土曜日の料金設定
22日が日曜日の料金設定
となります。
ご了承よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA