12月ですね!

本日もラブホテル バリタイ福生店のHPにご来訪、誠にありがとうございます。担当のスタッフA.Iです。

(バリタイ福生店のアメブロ

12月14日にいよいよ
アメリカ大統領選挙の選挙人による投票が行われます。
アメリカ大統領は直接民主制で選ばれると
学生時代に社会科で教わりましたが
選挙人による投票で大統領が選ばれるので
間接民主制ではないかと個人的には思ってしまいます。
選挙人が11月3日の選挙の結果を
反映させた投票をする事になっているのですけどね・・・。
一枚クッションが置かれている感じがして
ここでも一波乱ありそうですね。


日本の国政は間接民主制ですよね。
衆議院議員さん達は私達の投票によって決まることになっています。
そして、ご存知の通り
衆議院議員さん達の投票によって内閣総理大臣を決める選挙が行われますね。
衆議院議員の議席が過半数を超えている政党の代表者が
内閣総理大臣に選ばれるので
衆議院での内閣総理大臣を選ぶ選挙自体は
粛々と出来レースをやるだけなのも
皆様ご存知でしょう。

行政府、立法府、裁判所の三権が分立しているのが良い
というのが
近代の民主的な国家の雛型なのだと思います。

共和国と名の付く国は
おそらくは少なくとも立法府の構成員から行政府の長が選ばれることはないのでは?と        思ってしまいますが
実際はどうなのでしょうか?

王国であるイギリス、イギリスと関連が深いニュージーランド、オーストラリア、カナダの      行政府の長は
Prime Ministerですね。
日本も天皇制の国ですから
行政府の長は
Prime Ministerな訳です。


外圧がない限り
短期的にかつ極端な変化が社会に起こらないための

間接民主制たる議員内閣制であり

王権という形あるものとして
社会に提示されていて、そこを基準に社会の秩序が出来ている
というのが王権制の説明であると思います。
北半球の北の夜空に輝く北極星の様な存在が
王権の理想像なのだろうなぁと勝手に想像する訳です。

人間の集団を社会として成り立たせることは
立場によっては色々な呼び方がなされるでしょう。

今回のアメリカ大統領選挙では
dominionと名付けられたシステムが使われました。
dominateは「支配する」という日本語があてられています。

dominant motionという概念が音楽の世界では出てきます。
ポピュラー・ミュージックのコード進行の中で
ハ長調の曲でエキセントリックなコード進行にしなければ
G7→Cという進行が心地よく感じられるというやつですね。
「G7→C」というのもなんとなくな感じですね。文字面が。
そもそも、ハ長調はCのKeyですからね。


人間の形作る社会は
Tree
なのか
rhizome
なのか?



バリタイ福生店クリスマス・コレクション2020









KWWK氏の独壇場です!

ご来店の際は是非ともご覧になってくださいませ!


2 件のコメント

  • こちらのホテルは12月、1月は通常料金のまま変更はございませんでしょうか?
    またメンバーズカードを作るのに保険証でも可能でしょうか?
    コメントにてご返信頂けますと幸いです、宜しくお願い致します。

    • お問い合わせありがとうございます。
      12月26日(土)~1月3日(日)の期間は
      年末年始の料金・時間設定となります。
      メンバーズカード作成に関しましてご入室前にフロントで
      お声かけいただき作成手続きをお願いしております。
      身分証に関しまして未成年と思われるお客様および防犯上、
      確認が必要と思われる方のみ、ご提示をお願いしております。

      よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA