ハロウィン2019③

本日もラブホテル バリタイ福生店のHPにご来訪、誠にありがとうございます。
担当のスタッフA.Iです。

バリタイ福生店のアメブロ

いよいよ10月に入りました。
秋も深まっています。
日中は暑くても、朝晩は涼しくなりましたね。
秋に鳴くコオロギなどの鳴き声も
夜の闇に彩りをそえていますね。
音に色があるのか!?って話ですけどね(笑)
無いだろって!(笑)


前回のブログではハロウィンに絡めて
イシュタルの冥界下りを扱いました。
ご存知の方も多いとは思いますが
日本にも神様が冥界に下る話がありますね。
古事記に含まれている話です。


夫婦の神であるイザナギ(男性神)とイザナミ(女性神)は
オノコロ島を作り、そこから日本列島を作りだし、多くの神々を生み出します。

ある日イザナミが火の神であるカグツチを産んだところ
陰部に火傷を負ってしまい
それが元となりイザナミは死んでしまいます。
(カグツチはイザナミに殺されます)
死んだイザナミは死者の国である黄泉の国へ行ってしまいます。
そして、イザナミに会いたいイザナギは
イザナミを現世に戻すために黄泉の国へと行きます。

黄泉の国に着いたイザナギはイザナミと会話はできたのですが対面はできず
イザナミは黄泉の国の住人となるための儀式が済んでしまっていたので
現世に戻るためにはイザナミは黄泉の国の神々と相談しなければならず
イザナミはイザナギと会話している場から黄泉の国の神々がいる場所へ向かうのです。
一方、イザナギはあきらめて帰るべきだったのか或いは待つべきだったのかですが
イザナミの姿見たさに後を追ってしまいます。
そしてイザナギが見たイザナミの姿は肉体が腐敗してウジさえわいていました。
イザナミはイザナギに見られたくない姿を見られ大恥をかかされたと怒ってしまいます。
イザナギは逃げ出しイザナミは醜い女従者達を
イザナギを殺すために追わせます。

イザナギは身を守るために自分が身に着けていた装飾品を
イザナミの従者達に投げつけ、かろうじて身を守ります。
しかし、イザナミはさらにイザナミの身体から生まれた八体の雷神と                                                   1500人の黄泉の国の軍勢を差し向けます。

イザナギは逃げ続け黄泉の国の出口近くで
追ってきた雷神に身体を捕まれ
とっさに近くにあった桃の実を投げつけ雷神を撃退します。

最後にはイザナミ自身が追ってきます。
イザナギは黄泉の国を出てから
黄泉の国の出口を大きな岩でふさぎます。
その大きな岩をはさんで
イザナミは「愛しい人よ、こんなひどいことをするなら私は1日1000人の人間を殺すでしょう」と                            叫び
イザナギは「愛しい人よ、それなら私は産屋を建てて1日1500人の子供を産ませよう」と                                      答えたそうです。
そしてイザナギとイザナミは離縁したそうです。

ハロウィンナイトの街が
死者の世界だとするならば
街中にイザナミがいるかもしれませんね。

バリタイ福生店では毎年好評のハロウィンディスプレイを展開中です。








10月1日から消費税が10%ですが
バリタイ福生店の料金は据え置きです!
お得になっております。
実質2%の割引になります。



皆様のご利用お待ちしております!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA