ハロウィンナイト!

本日もラブホテル バリタイ福生店のHPにご来訪、誠にありがとうございます。担当のスタッフA.Iです。

バリタイ福生店のアメブロ

いよいよハロウィンナイトですね!

数年前にキリスト教圏の国のキリスト教の聖職者の方が
ハロウィンはキリスト教のイベントではないので、やるべきではない!と
発言なさったという記事を読みました。
記事はインターネットで読んだのですが
記事をアップした人の目的は話題になるからということでしかないと思ってしまいますね。


今年は渋谷でのハロウィンナイトは無しだそうで
本来なら今年のハロウィンナイトは土曜日ですから
大盛り上がりだったでしょうね。


ハロウィンはドルイド教のサウィン祭が起源で
あの世とこの世の境目があやふやになるという設定でした。
ジャック・オ・ランタンの持ち主である
あの世にもこの世にも居場所がないジャックは
いつもさまよっているのです。
ですから、あの世とこの世の境目があやふやなハロウィンナイトは
ジャックの孤独が癒される年に一度の日なのかもしれませんね?

treck or treat ?
この問に対して、お菓子を差し出すといたずらされない(treckされない)ルールでした。
この問いは子供がやることになっていますが
あの世の住人達がこの世の大人達に自分達を思い出せ!と言っている事になるのでしょうか?
この世の住人である私達には
あの世の住人達は怪物であり、おそろしいモノとして見えるでしょう。
あの世の住人達に、この世を支配されてしまったら
さぞかし大変な事になるだろうと思わされてしまいます。

あの世の物理的な何らかの定義が確定することが将来あるのかないのか?
将来の世代の人達に委ねることになりますね。
今現在、あの世は我々の心の中に源泉があるものと私は考えます。
我々の心の中からあの世が出て来るのですよ、きっと。

様々な宗教の終末思想で語られるところの
天災、戦争、疫病・・・・等の禍。
天災は人類にはどうしようもない事であると
今のところ私も考えています。
人災は防げるかもしれませんが、人間のエネルギーがぶつかる様なトラブルは
均衡するまではダイナミックな動きをするものと考えます。

今年に入ってからの新型コロナウイルス騒ぎは天災なのか人災なのかどちらなのでしょうか?

確かなのは、新型コロナウイルス騒ぎはリアリティを持った害をもたらすものであるということですね。

新型コロナウイルス騒ぎは昨年の12月頃から報道されていますが
実は10月31日には中国で発生していたりしたのでしょうか?

新型コロナウイルス騒ぎは昨年から続いているまるでハロウィンではないですか?

だから、今年は渋谷でハロウィンナイトをやる必要が無いのです。

あの世は我々の心の中に源泉がありますが
あの世から来たモンスターとしか思えないし
肉眼で見ることができない悪霊としか思えない新型コロナウイルス。


止まない雨は無い、明けない夜は無いと言いますが・・・・・。


バリタイ福生店ハロウィンコレクション





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA