Shampoo New Comer !

本日もラブホテル バリタイ福生店のHPにご来訪、誠にありがとうございます。
担当のスタッフA.Iです。

 

現在のウィキペディアを読む限りでは
日本では一般人が髪を洗う習慣を持ったのは
20世紀以降だそうです。

又、Shampooという言葉自体もヒンディー語に語源があるそうです。
元々はムガル帝国のある地域で行われていた
香油を使った頭部のマッサージの事を指していたようです。
それが、1814年にイギリスの南部のリゾート地ブライトンの公衆浴場であるハンマームで
頭部マッサージの提供を始め、イギリス王室にも認められるようになったそうです。

シャワーネイティブの若い人達には
シャワーが一般家庭に普及していなかった時代に
風呂桶から手桶でお湯をくんで
身体を洗ったり、髪の毛を洗ったりしていたことなど
想像できないかもしれませんね?

今ではシャワーがあるので
毎日でもシャンプーしてやろうと思うようになったとは思いませんか?
若くない皆さま?
毎日シャンプーすることが
髪質に良い影響を与えるかどうかは議論があるところでしょうけれど・・・。
他の国の人達に比べれば
一般的に日本人は清潔好きということですから
毎日シャンプーは必須なのでしょう。特に若い人達は。

私A.Iの様なおじさんサイドからしてみても
女性の洗い髪の香りはウェルカムですから
おじさんにとっても、毎日のシャンプーは奨励されるべき習慣かもしれません。

私A.Iが学生時代に女性の「朝シャン」という言葉が流行っていました。
今は死語なのかどうか不明ですが・・・。
その流行りに乗って当時毎朝シャンプーしている女学生もいたでしょうし
今現在でも朝シャンの習慣を続けている女性もいらっしゃることでしょう。
頭が下がりますです。

 

バリタイ福生店のレンタルシャンプーのラインナップに
新たに加わった銘柄があります。

PANTENE  miceller  (パンテーン ミセラー)

公式のHPによれば

「ミクロクレンジング成分のミセラーが
髪を地肌の毛穴に入り込んで
今まで落としきれていなかった汚れを
マグネット吸着。
だから髪内部にPROビタミン美容液(保湿補修成分)が浸透。
地肌すっきり。
夕方までさらさら髪がつづきます」

「メイクチェンジが多いフランスのファッションモデルの中で火がつき
今スキンケア業界で話題沸騰のふき取りクレンジング
「ミセラークレンジングウォーター」
濃いメイクをしっかり落とすのに
肌にやさしい使い心地が評価され
世界中のセレブやプロのヘアメイクが愛用中。
このテクノロジーをヘアケアに応用したのが
パンテーン「ミセラー」シリーズです」

 

そして、バリタイ福生店にあるのが
ピュア&クレンズ
「フルーティーでさわやかな香り
手に取った瞬間に香り立つ
フレッシュミント、みずみずしい桃やカシスの香り。
すっきりさわやかな香りに包まれます」

バリタイ福生店にお越しの際は是非お試し下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA