GW

本日もラブホテル バリタイ福生店のHPにご来訪誠にありがとうございます。
担当のスタッフA.Iです。

バリタイ福生店のアメブロ

世界中が新型コロナウイルスで大騒ぎですね。
日本も緊急事態宣言が政府から出され
地方自治体は自粛要請に法的な根拠ができ
私たちはそれに応じている状況です。

ラブホテルが社会生活を維持するうえで必要な施設として
東京都に認知していただいたことは
ラブホテルのスタッフとして私は少し嬉しかったです。
新型コロナウイルスの大騒ぎが収束して
通常の生活に戻った時でも
ラブホテル不要論に対して
今回の東京都による認知は
ラブホテルの存在意義の強力な根拠の一つとなるでしょう。

After Coronaを考える事は人には色々な立場があるので
人によって異なる意味を持つでしょうね。

私は一介のラブホテルのスタッフに過ぎませんから
一日でも早く日々の生活や経済活動が通常通りに戻ることを祈っております。
当ホテル近隣の福生の赤線街も静まり返っております。
また、元の人が沢山いる活気のある街になって戻って欲しいです。



今年のゴールデン・ウィークは
ゴールデン・ウィーク史上最も静かなゴールデン・ウィークになるのでしょうか?
少なくとも自粛ゴールデン・ウィークとして記憶に残るのでしょうね。

スポーツも自粛、エンタメも自粛
近しい人と自宅で楽しむ娯楽以外は
ほとんどがネット関連の娯楽なのか?と私は思ってしまいます。
私はゲームをやらない人間なので
今回の様な場合はネットゲームをすぐに思い浮かべてしまいますが
バリタイ福生店の若いスタッフさんの話では
ゲーム機も品薄となり高値で取引されているとか。

ポケモンGOにしてもドラクエウォークにしても
外出自粛に対応した設定がされているそうですね?

リアルな空間の行動が制限されている中
人々がどう行動するのかというデータも
きっと、様々なシンクタンクに記録されていることでしょう。

人々のリアルな空間での行動が抑制された結果が
ネット空間、ゲーム空間にはどの様に反映されるのか?

人々のエネルギーがどの様な形で
昇華(或いは消化)されるのかが注目されるのだと思われます。
特に先進国の都市生活者の行動変容が問題となるのでしょう。

街は静かなるゴールデン・ウィークでしょうけれども
人々のエネルギーは発散の場を求めて
ネット空間、ゲーム空間を駆け巡る。

物理学にはエネルギー保存の法則という法則がありますね。
プロ野球の応援、Jリーグの応援、カラオケで歌う、
お祭りの様なライブで騒ぐ・・・・等
通常の生活の中で見たり聞いたりしていた人々のエネルギーの発散の場が
そのまま、ネット空間、ゲーム空間に移ったら
どの様な事が起きるのでしょう。

と、私は予想するのみで、結果は調べるかどうか・・・・。




バリタイ福生店ゴールデン・ウィーク中の利用時間・料金設定です。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA